刀鍛冶の日々

刀身仕立て

 朝の仕上げ場は室温10度と寒くなり、初めて石油ストーブを入れる。ゆったりと一人きりの仕事は落ち着く。
 夕方には平田君が包丁2本を研ぎ上げ、火造り直しがされた包丁を谷口君が焼入れ。祐敬君の土置きと異なる刃文は焼入れ温度によるものと思われる。
  それでも少しづつ弟子の手が離れて、私の刀造りの時間が多くなるので助かる。
 昼で二振りの刀身仕上げが終わり、午後は中心仕立てに進む。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3020-b27dbc38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者