刀鍛冶の日々

焼入れ準備

 祐敬君の鍛えた地金を2本の包丁に素延べして、祐敬君と平井さんに火造りをさせる。2本共に重ねが厚く身幅が不足するので、午後はスプリングハンマーで重ねを頃合いに、身幅を広くして焼入れの用意。
 注文者は一人だが体験会は三人出席なので、土置き、焼入れは1本では都合が悪く後2本を用意する。疲れたので今日は終了と思ったが、弟子に宿舎の階段の溶接修理を頼まれて夕方迄手間取る。
 本当に疲れた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3015-09813f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者