刀鍛冶の日々

非磁性玉鋼

 8月注文の残り2本の包丁を焼入れ。ベルトサンダーで荒研ぎを済まして研ぎは後日、暇な時間にする。
 短刀注文がもう一振りあり、非磁性砂鉄の玉鋼を弟子に纏め方、積み沸かし、最初の折り返し鍛錬を見せて、磁性砂鉄の玉鋼との違いを見せる。
 明日から一泊二日で土佐高知へ知人の披露宴に招待されているので、鍛冶場は空けるので弟子に2日間の作業予定を述べて帰る。
夕方には岩手県よりたたら製鉄用の炭210キロが届く。これで4回分の製鉄が出来る。今月末位には刀二振り、短刀二振りの焼入れに持ち込みたい。空気も水温も一年で最も適した季節になった。それでも今日の鍛冶場は50度に達して、鍛錬には少し気温が高く、外気温25度迄下がらなければ体力的に1日続かない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2977-fc55f8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者