刀鍛冶の日々

鳥取へ

 今夜は大東塾14烈士の内、鳥取県より2名の自刃が昭和20年8月25日東京代々木練兵場跡で、古式作法により行われて70年になり、明日の慰霊に備えて各地から前夜に参集するので私も午前中で仕事を終え、鳥取県三朝町のホテルへ出発する。慰霊祭を始めてもう30年以上になるが、出席者は高齢となり鬼籍に入られた方も多く、年々出席者は少なくなり維新運動に参加する青年もいなくなり寂しくなる。 
 右翼も左翼も平和ボケした日本で安逸をむさぶる平成の御世となる。祈りと勉強と行動が揃わなくなって来たが、私は日本刀を造り次代に受け継ぐ弟子を沢山育てる年月であった。
 金屋子神社への毎月の参拝で年齢の割には健康に恵まれて、刀を打ち続ける事が出来た。大神様の御陰で目の痛みも回復した。
 今年は頸椎を痛め、今だ右手は痺れるが日々回復に向かう。阿部宮司様が毎朝回復を祈願して頂いた御陰である。70才迄後1年余り、それ迄に弟子全員が独立する実力をつけて卒業させたいものである。
毎年一回の慰霊祭も早く感ずる様になって来た。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2974-75422d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者