刀鍛冶の日々

一段落

 昨日は朝5時出発。金屋子神社の月参りを終えて遠く迄砂鉄を求めて600キロを走る。疲れて帰宅すると、刀剣商に工作依頼をしていた刀が届いている。
 研ぎは地元で研いだが、外装・金具は県外刀剣商の方による紹介で有った。4ヶ月程して帰った刀は、二振り共に数ヶ所錆びている。今迄外装は関に出していたが、今回の様な事は初めての経験である。外装職人の親が急に亡くなったので、手伝いをしていた子が工作をしたとの事。
 昨夜は頭の中が混乱して眠れず。今朝研師宅で事情を説明して研ぎ直しを依頼。岐阜県関とは30年来の付き合いで1度も事故は無かった。
 やはり分業職人が多く永い歴史の有る所が信用して任せる事が出来る。次の米國行きの外装は関に出す。研師も同じ団地なので助かる。刀剣関係の職人も高齢化し、職人は少なくなり、将来はどうなるだろうか?
 今日の地元紙には伝習所と包丁製作所が紹介されているので、無料見学会も予約が多くなりそうである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2965-33f94823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者