刀鍛冶の日々

八月十五日

 今年も日本の左翼マスコミは先の大東亜戦争を侵略戦争として、都合良く部分的に取り上げて國民を洗脳する。
 日清・日露・そして先の大東亜戦争も日本の侵略戦争ではなかった。マッカーサー元帥でさえ米國上院軍事外交合同委員会で「彼等(日本)が戦争に突入したのは、主として自衛の為止むをえなかった事だった」と述べている。
 東京裁判の判決も、後年「あの日本を悪としたあの裁判は間違っていた」と裁判長・判事自らが認めているのに、マスコミは無視して何も語らず”日本の侵略戦争であった”と國民を洗脳している。
 ”止まれ”先の大戦は白人國家の植民地主義を止める有色人種の独立戦争である。日本人が流した血でアジアの多くの國々が、解放独立出来たのだ。その真実をマスコミは述べない。世界で反日國は中國と韓國のみである。そんな國に何時迄反省、謝罪を繰り返すのか!世界は歴史の真実を知っている。
 中國や韓國と一緒になって日本の左翼勢力は、日本の歴史を捏造して近現代史に無知な戦後生まれの、戦争を知らない世代に一方的な偏向報道をしている。
 今日の日本が有るのは靖國神社に祭られる英霊が、國家の為一命を投げ打って植民地主義と戦い、世界を相手に大和精神を発露したので、たとえ大戦に負けたとは言え過去の敗戦國の様な報復は無かったのである。
 世界は知っている!中國や韓國の國民性を!彼等の嘘に騙されてはいけない。もう「謝罪談話」は止めよう。
 戦争はお互いの正義と正義がぶつかり合う。今だに世界では戦争、紛争が続く。
 國民の生命と安全を守るのは軍隊である。今日我々が平和を享受出来るのは、米國の軍事力と日本の軍事力に守られている事を忘れてはならない。
スポンサーサイト

コメント

どのような理由をつけても人殺しに正義などない。正当防衛の止むを得ない状況であってもそれを正義とはしない。司法に依り免罪として罰を受けないだけだ。一事が万事で国事についても作刀についても真実、理を素直にみようとしない姿勢に同郷人として情けなく感じる。

同郷人様

同郷人様、
【国事について】
当時の日本は如何に対処すべきだったとお考えでしょうか?
【作刀についても真実、理を素直にみようとしない姿勢】
誰が、どのような“真実、理”について素直にみようとしない姿勢なのでしょうか?
非常に興味があり、ぜひ知りたいので、
具体的にコメントをお願いします。
他郷人より

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2947-cad2eeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者