刀鍛冶の日々

降し金

 昨日熱して砕けた鋼を手鎚で割ったせいか明け方より右肩が痛むので谷口君が降し金をする。向鎚とベルトハンマーで長方形に纏めるが非常に硬い。
 通常降し金にする時、吸炭すると黒い煙が出て火花も見えるが、それが全く無い。纏まった鋼を取り出した時、通常より多くの鉱滓が鋼の底部を取り巻いている。最後にサンプルとして置いていた玉鋼を熱して叩くが全く割れなく、長方形に良く纏まる。この違いは砂鉄を吹く時の炭の種類だろうか?
 当面包丁20本分位の鋼が出来たので秋の宿題にして、午前中で終り午後は昼寝をして疲れ取り。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2943-e5cbe837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者