刀鍛冶の日々

限界

 昨日の包丁造り直しの鍛錬に入る。1時間後には室内温度が50度に達するが鍛錬は終わらず続行。昼前に鍛錬が終わり7寸の素延べ迄進める。
 今日は朝から暑く心臓の鼓動は高まり汗は流れ落つ。着替えは4回に及ぶ。広報担当者に電話をして、包丁の注文は秋・涼しくなる迄中止を伝える。昼食後2時半迄休むが暑くて火造り、焼入れは明日朝に延期。
 長年続けた夏場の鍛錬も体力的に限界を知る。何とか最後の注文包丁を仕上げ夏場の鍛錬を最後にしたい。
   ”コメントについて”
 金屋子神社月参りは決まっていません。刀鍛冶として独立出来る迄は10年は必要です。その間の生活は無給です。
 独立しても刀鍛冶で生活できる者は一割。私が貧乏しても刀鍛冶を続ける事が出来るのは、日本の文化伝統を守る民族精神に立っているからです。
 刀で得た収入は殆どが弟子育成に使われて、赤貧洗うが如しの生活でした。全てを捨てなければ出来ない事です。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2931-410c9626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者