刀鍛冶の日々

沸かし

 昨夜より右肩が痛むので谷口君に玉鋼2種類を混合させて沸かしの練習をさす。鍛接温度は合っているが鋼の中に空気の残った膨れが毎回々出て、膨れを取り去る事が出来ない。膨れを抜くには鋼が崩れる直前迄沸かしの温度が必要である。
 砂鉄を吹く時に還元しなくて酸素が多く残る種類の砂鉄も有り、経験も必要である。日刀保玉鋼と違うので難しい面も有るが、古い地金を求めるには日本産磁鉄鉱と砂鉄を使用して、小型たたら製鉄を研究して独自の刀を造らなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2843-337ee29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者