刀鍛冶の日々

フェマタイト鋼鍛錬

 新しい鋼の様子が見たくて鍛錬。松炭が濡れているのでたたら用の雑炭を使用したので、鋼が沸く火花が出なく苦労する。炭素量が高く銑に近いので低い温度でも鋼が燃える。肩・腕が痛く鎚を使えないので谷口君が火造り、私が焼入れ。焼入れは湯にして焼入れ調整。非常に敏感な鋼である。後日研ぐ事にする。
 両肩・両腕が痛み出したので明日は作業が出来ない事を思い、たたら製鉄の用意をする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2806-f38c15f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者