刀鍛冶の日々

古墳中期

 午前中、午後と見学者絶えず。その中で砂鉄と磁鉄鉱混合で古墳時代中期とされる、岡山県内出土の鉄分析を参考に、刀用の地金を造る。
 歩留り25%と良く纏まった高炭素鋼が出来たが、3月に刀にしてみないと地金の良否は判断出来ない。
 本日総員7名。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2769-9d4e180f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者