刀鍛冶の日々

混合

 今年の第一作は内面応力を抜くのに寝かし第二作に入る。
 水べしはしないがマグネタイト1キロ、フェマタイト1キロの計2キロの鋼を合わせて積み沸かし、下鍛え5回の終った物を今日は2個造る。元々の砂鉄が違い、出来た鋼も違う物を鍛接するのは難しい。フェマタイトの鋼は炭素量の多い銑に近いので膨れは殆ど出ない。余り鍛えると同質化するし、少ないと異質化して変わり鉄となり醜い。 
 以前に著名な方に納めた脇差は非常に古刀に近い出来であり、博物館に展示した時は見る人の目を奪った作域であった。その作を再現しようとしている。当時の砂鉄資料は有るが沸かしの温度感覚が思い出せない。
 隣の鍛冶場では今日も谷口君が脇差の地金を鍛えている。平井さんの鍛冶研ぎも上手になる。刀工試験迄後4ヶ月。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2751-8c9a4a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者