刀鍛冶の日々

三人仕事

 昨日迄の五人仕事が今日は焼入れ前の刀をせんかけする山本君と、脇差の火造り練習をする平井さんと私の三人になる。
 気になっていた乾燥砂鉄の選鉱を片付け、全日空撮影時の焼入れをしたままの刀を姿直しする。2時過ぎより京都より注文で昨日焼入れをした、千種鋼と餅鉄鋼の7寸文化包丁を荒研ぎをして今日も終わる。
 父の命日に神前に供えていた御年賀用初絞りの御酒を、酒好きだった父親を思いて妻と二人で頂く。金屋子神社の宮司様よりの正月用御菓子も供えて、迎春準備を妻が用意。
 刀鍛冶は元旦初詣以外は殆ど休みなく刀造りが続く。先日河内師匠よりの便りで吉野は真白とある。若かった昔は年末、年始も刀造りで、親方や奥様それに隆平さんにもお世話になった雪の東吉野を思い出す。
 刀造りには刀造りの信念が有るので努力、工夫は毎日続けたい。それが刀鍛冶で生き残る方法である。明日は今年最後の包丁注文を仕上げ、新年の刀造りに心おきなく臨みたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2723-bcf1daf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者