刀鍛冶の日々

注文刀

 年末になって刀の注文を受ける。2年前も2振りを造ったが、良い砂鉄を入手出来なく予定より大きく遅れて砂鉄が入り製作を始めた。出来た作は登録審査員も目を見張る出来。待って頂いたが一生持つので少しの遅れは何も言わず待って頂けた。
 分析結果の良い砂鉄が丁度多量に頂いた所であり、年末年始に吹いて1月製作を始める。刀用の玉鋼と一緒に造れば良い。弟子達の休む間に在庫を造りたい。今全日空國際線で放映されており、沢山の問い合わせが有るが注文者の方は刀が直に出来ると思っている。日刀保玉鋼なら鋼が出来ているので刀の形にするだけなので、1ヶ月三振り位は刀工であれば簡単に作れる。しかし砂鉄からたたら製鉄で玉鋼を造るのは容易ではなく、砂鉄集めから苦労する。
 日本刀は分業であり、研ぎ、鞘、白銀、塗り等どこで手間取るか判らないので、どうしても急ぐ。急ぐ注文を受けると眠れなく良い刀が出来ない。注文者の銘を入れた為打ちの刀だけを残したいと思うのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2715-ff63ad99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者