刀鍛冶の日々

送風調整器

 伝習所技術部によって安価な送風調整器が造られ今夜弟子の刀、脇差の焼入れに使用される。私は相州備前伝を焼くので強力な火力が必要で有り、送風機の風力をそのまま使用しているので、短時間で焼入れ温度に達する為、刀身の温度をゆっくりと見る事は無く一瞬で終わる。弟子達は余りの早さに刀身の温度、焼け具合が中々見れない事が多く、風量の調整器も役立てて焼温度をゆっくりと揃える事も必要かと思って使用させたが少し戸惑っていた。その内に慣れるであろう。
 朝より始めた刀身、中心仕立ての刀も出来上がり今年の予定も終わる。後は注文の包丁とたたら製鉄が年末、年始と続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2714-b1fc7476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者