刀鍛冶の日々

たたら炭

 製鉄用の木炭は火力が弱いと低酸素の生鉄となり、強過ぎると銑になる。日本刀には中間の火力を要する炭が必要で製品は鋼である。
 たたら炭入荷が遅れて玉鋼の生産が止まり、在庫が無いので昨日から包丁用に分別していた餅鉄と千種鉄を刀用にしたので、包丁用は全く無しの状態になる。弟子達も鋼が無いので入荷を待ちわびる。
 鍛錬用の松炭は十分に有るので、たたら炭がどうしても間に合わなければ松炭を使わざるを得ない。炭の種類だけでなく単価の面も考えなければ、売れない弟子の刀造りにも影響する。
 私の鍛錬は一区切りが着いたので3時から谷口君が初の短刀の焼入れをする。中々良い刃文が入っており一安心。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2675-adb0fa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者