刀鍛冶の日々

谷口君の事

 28日の米國人見学、体験会で折り返し鍛錬をした心鉄を纏めて、皮鉄と合わせて造り込む。初の日米合作の脇差となり素延べ、火造り迄進める。
 谷口君がたたら製鉄の炭切を済ましてたたら炉を塗り直す。たたら製鉄を行うには、還元距離と温度が十分有れば鉄は出来るが、砂鉄投入量の20~30%の歩留りと刀に出来る玉鋼を造るのは炉の型が大事である。炭素量十分の玉鋼を造るのは趣味のたたら製鉄では無理である。作刀申請書が下りたのでこれから鋼と刀造りが始まる谷口君。金属材料科を卒業しているのだから基礎知識も有るので分析、金属学を勉強して行けば自分だけの刀が出来る。
 今日谷口君に初めての給料を渡す。6年余り続いた夜のアルバイトも今夜で終る。しっかり勉強をして来春には卒業試験を受けて、真の刀工としてスタートして欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2634-b07c01d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者