刀鍛冶の日々

下鍛え完了

 注文刀の下鍛えが終わり火花試験で炭素量を確かめるが、銑を混入しているので高し。明日よりの上鍛えは、鍛えた鋼の炭素量に応じて組合せを変える。多種の玉鋼が有るので便利。
 皮鉄は硬くて粘りの有る事が重要。それに対して心鉄は皮鉄の炭素量に応じて変えなければならなく、低炭素で有っても粘りが無ければ刀は折れる。殆どの刀工が同質の鋼を炭素量のみで皮鉄、心鉄に分別しているが危ないものである。しかし日刀保の玉鋼しか無い者にとっては他に方法が無いと思う。だから刀は観る物であり斬る刀ではないのである。
 最近は玉鋼の代用品が安く造られているので、居合刀等はこの製品と日刀保玉鋼2級以下の屑鉄を降し金にして混合。安価な刀も多いが砂鉄玉鋼には出ない物質も含有されているので分析、荷重試験、斬試も必要と思われる。
 日本が今世界から注目されている。販路も國内から國外へ求めなければ刀工として残れない時代。努力、研究を忘れた刀工は絶対に廃業となる。それが現実である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2616-c86caa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者