刀鍛冶の日々

造り込み・素延べ

 造り込みを谷口君が見学したいと言うので見せる。弟子全員は文化庁の刀工試験に合格する様に全日本刀匠会の作刀方法を学んでいるので、全国均一の方法であり刀の命である折れない造り込み方法では無い。
 私の師は陸軍受命刀工であったので造り込みの形状等は違っていた。現代は見るだけの刀であるので斬る必要は無いが、長い間には武道家に渡り使う事が有るやも知れない。材料が余ったので包丁に変えて焼入れ。明日は販売用に研いで置く。谷口君を給料制にしたが上手なからしたのではなく、早く兄弟子の様に卒業試験を受けて卒業してもらいたいのが本音である。
 まだ最後の最後の弟子が一人居る。目の痛みも消えて来たので後一人卒業させたいと思っている。口内炎もひどく満足に食事も出来ないが休むに休めない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2608-cc6760a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者