刀鍛冶の日々

処理方法

 朝一番降し金をした玉鋼の処理と折り返し鍛錬を見学してもらい交代をして練習。一番最初に処理を誤ると鉱滓が鋼の中に残り、いくら鍛えても抜けず最後は傷となって切断となる。
 日刀保玉鋼は2トン余りの目方でありこれを砕断して選別出来るが、自家製たたらは古代と同じ大きさで、古刀期と同じで水べしも選別も無しで鋼を鍛えるので、傷の出る確率も高く古刀に多く有る傷の欠点も多い、現在は美術品として見られるので最初の処理を誤ると切断になるので、砂鉄から入念に選別、製鉄をしなければならず、古刀期の傷が有っても斬味を重視する時代では無いので復古刀は難しい。しかしそれを乗り越えなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2603-ee802cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者