刀鍛冶の日々

弟子焼入れ

 午前中はスプリングハンマーの右側土台のアンカーボルトが少し動き、3ミリ程傾いているので工具店で削岩機をリースして削り、ボルト交換をする。生コンで補強したので5日位しないと生コンが固まり強度が出ないので使用出来ない。
 午後は弟子2人の土置き見学。刃文の美的感覚を求める。夕方は焼入れ。刀工試験の脇差と違い長い刀なので全体的に焼入れ温度が揃わない。刀の製作工程は2週間要するが、最後の焼入れ10分間程で売れるか売れないかの全てが決まる難しい焼入れ工程である。
 私の焼入れは相当見せているが、出来るか出来ないかは持って生まれた器用性にもよるが、それが無いのであれば努力以外無い。後二息も三息も要する。帰りてのビールは五臓六腑に浸み渡る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2596-de494c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者