刀鍛冶の日々

セーフ

 昨夕焼入れをした短刀の反り直しと中心焼き戻しの後、注文刀の荒研ぎをしていると刀中の真中に5ミリ程の空気を噛んだ膨れが出る。1時間程60番の荒砥石で研ぐが膨れが破れて傷になり、研げば研ぐ程長く連なり7寸程に延びて万事休す。
 刃文も高く身幅も十分有るので刃先を1ミリ程狭めて再度研ぎ進めると、次々に傷は消えて無くなる。再度姿直しをして後日研ぐ事にする。砂鉄からの手造りである以上何等かの欠点も出て切断して食事も咽を通らない事も有るが、研ぎ上がった刀を納めて注文者の喜びの声を聴くと元気も出る。これが有るから刀造りが続けられるので有る。
 午後は昨年11月に大変お世話になったM先生が無くなり、御子息が思い出の本を出版されるのでインタビューが有り思い出話は尽きず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2595-5c8d6031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者