刀鍛冶の日々

気落ち

 刀の土置きは気温の低い朝にしなければ土が乾くので、日中の夏場は出来なく早朝に撮影用の刀に土置き。谷口君が焼入れ用に小粒の炭切。
 午後は平田君も明日の心鉄鍛錬用の炭切。種々の準備で今日も終わると思っていたら、研ぎ師さんから連絡が有り刀に割れが出ている。丁寧の上にまだ丁寧に鍛錬をしており、刃文も気に入っていただけに心は折れる。手仕事だけに欠点が出て切断する事は年間二振りや三振りはどうしても出る。その為に一振りの注文に対してもう一振りの影打ちを造り万一に備えているが、心には大きな空しさが残る。それでも注文主の為に後世に家宝として残る刀を打ち続けなければならないのが刀鍛冶で有る。
 納入迄まだ時間は有る。もう少し頑張ってみる。今日の事は寝て忘れる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2565-0a20450c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者