刀鍛冶の日々

銘切り

 全員の仕事が始まる前に先日彫物の終った短刀の中心仕立て。昨夜書体辞典と漢和辞典で見ていた注文者の名前を中心にマジックペンで下書き。菊池君に短刀を持たせ銘切鏨で私の名前と製作月日、注文者の名前を切る。元来字は下手である上に、3年前の目の手術より視力は下がり目がぼやけて痛む状態であり、銘切は上手ではないが生きた証に必ず注文者の名前を入れて、製作者と注文者の名前を後世に残る様な作を心掛けている。 
 年を取ると視力が落ちて銘は下手になるのは仕方がないが、地金についてはまだ向上の余地は有る。指の痺れも出ているがまだ何とかなる。弟子が独立の技術を身につける迄、後少し刀工を続けたい。
 中国地方は今日梅雨明け。無理のない様に午後は全員が火を使う仕事は中止とした。今年も又暑い夏になりそうである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2562-5984fde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者