刀鍛冶の日々

鍛肌

 以前から思っていた事であるが、新刀期の地金は水べし積み沸かしが始まってから古刀期に比べて鍛肌の面白味が無く、新々刀期になれば一部の刀工を除き同一の鋼で鍛肌は目立たない。現代刀で混ぜ金をしても取って付けた様な鍛肌となる。古い時代には同一種の鋼でも製鉄方法と砂鉄の種類により鮮明に出るのではなかろうかと思う。
 先日中学生の職場体験第一日目に交代で砂鉄投入を行なったが、相手が中学生なので上手に出来ず玉鋼は十分纏まらず、錬鉄の様で海綿状鉄も含まれた物を包丁にした残りが有り、今日火造りをして焼入れると大板目、小板目が地肌となって出て、鍛肌の部分の炭素量も高い様で有る、古い時代の製鉄は送風量が少なく炭素量が低いので、焼入時の温度を上げたので地金の働きも出たのではなかろうかと私見で思う。
 谷口君は一日製鉄時の屑鉄を降し金に纏める。種々砂鉄が入り混じっているので案外面白い地金になっているのではなかろうか。梅雨明け迄のたたらでは送風量と炉の温度を下げて低炭素鋼で研究したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2533-c3e957c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者