刀鍛冶の日々

最後の脇差

 早朝一人で弟子の駐輪場をコンクリート舗装する。2時間程セメント、砂、砕石を手練り、昨日の疲れがまだ残り体全体が痛む。
 谷口君は受験前最後の脇差を素延べ。どうしてもこの素延べと火造りに手間取る。刀工試験に一回で合格した弟子は問題なかったが、数回落ちた弟子はこの部分で大きな減点となりやっと合格した。しかし差が出るのは合格してから努力と工夫をした弟子のみが専業の刀工として残れる。他は趣味の日曜鍛冶で一生を終わる。 要は個人の心の持ち方である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2497-03832a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者