刀鍛冶の日々

火造り完了

 松炭も入荷し炭焼きの予定も出来てやっと落ち着いた鍛錬が出来る様になる。9尺と1尺余の包丁正宗写しの短刀の火造りも完成し明日は焼入れ予定。昨日5トン程の松原木を運び降ろすのに少し無理をしたので今日は体中が痛み、火造りの終った短刀の表面に付いた酸化鉄を取り除きて今日も終わる。
 正宗は相州に住し相州伝を完成させて、その中でも身幅の広い包丁の形を思わせる包丁正宗が有名で今に至る迄写し物は造られている。しかし正宗の本物が多く有る訳もなく、歴史的に恩賞として無銘の正宗が伝として出る。中でも備中水田の相州伝が無銘の正宗で通用している事例が多い。水田は岡山県北西部に有り、古刀期から栄えているが地金ルートは不明。
 今回はそのルートではないかと思われる、水系の砂鉄で鍛えたので大肌も既に見えている。これにどの様な土置きで刃文を出して注文者を魅了するかである。今夜は眠れそうにない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2457-c0eaff55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者