刀鍛冶の日々

水戸からの便り

 先日納めた包丁は年齢を考え薄くして軽い物にした為に曲がる様なので、朝早出して弟子が寝ている内に作業を始め夕方には研ぎ上げて普通の重ねにして、丈夫な包丁を注文者に送る。
 帰り際ポストを見ると大高君からの手紙が届いている。帰省して1ヶ月職業は沢山有る様であるが、辺地で交通の便が悪いのと就職先がどうしても免許が必要なのでその準備中との事。今迄と違って文章力もしっかりとしており、9年前の入門時と比べると随分成長したものである。人間は向き、不向きが有り後者である大高君は刀鍛冶には成る事が出来なかったが、落ち着けば庭に鍛冶場を設けて趣味で包丁を造るのも楽しいものである。修業中の鍛冶道具は持ち帰っているで、素延べ迄して送れば鍛冶仕事は出来る。何よりも嬉しいのは上田祐定の弟子の名に恥じぬように、死に物狂いで頑張りたいと思いますと最後に決意を述べている事である。たとえ道は別れても大高君は私の弟子の人数に入っている。ずっと親方と弟子である。
 私も大高君に負けない様に後世に残る名刀を造り続けたい。大高君と過ごした9年間の思い出は絶対に忘れない。弟子全員が巣立てば水戸にも遊びたい。人との出会いとは不思議なものである。大高君のこれからの人生、長船で学んだ事を生かして欲しい。お便り有難う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2454-425d1de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者