刀鍛冶の日々

皮鉄終わる

 今日も早出して谷口君が鍛冶場へ顔を出す迄に、鍛冶場のトタン壁を破り室内の熱風を外に出す様にしてから、短刀皮鉄を昼迄かけて鍛え終わる。一区切りついたので午後は昨日の包丁3本を夕方迄研ぐ。短刀が終われば2ヶ月程かけて3尺3寸を造ればゆっくりしようと思っていたが、意外と今年は注文も多くそうも行かない雰囲気になって来た。炭の在庫も十分であるが夏場は炭焼もしないので、夏でも包丁が打てる様に岩手県へ松炭の注文をする。
 平日は全員が独立資金を稼ぎにアルバイトに出るので炭の使用量は大きく落ち込み助かる。仕事が終わって弟子部屋を覗くとゴミの山である。平田君は殆ど日中は部屋に居るのにゴミを捨てなく、大きな袋に2個も異臭を放つゴミを道具部屋に置いてあり意外な一面を見る。作秋迄は毎日弟子が仕事をしていて多忙であり個人の生活を見る事が無かったが、それから時折弟子部屋を覗くがいつも汚い。
 掃除も出来ないのに仕事が出来ないのは当たり前である。改めて弟子の家庭教育の不足を認識。私の青年時代の様に集団生活で教練を受けた事が今では懐かしく思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2450-4dff8205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者