刀鍛冶の日々

砂鉄

 Fe含有量が少なく鉱滓が鋼の中に残り過ぎて、使いずらい砂鉄が1.5トン在庫として有るので、今回入荷した非常に高温になり、松炭以上と思われる雑木の炭を利用して谷口君と2人でたたら製鉄を行なう。今迄はノロ出しに粉末の多い牡蠣殻であったので、炎に飛ばされるので貝殻の少し大きい物を用いたがそれ程ノロは出ない。解体すると炉底にノロが1寸の厚さに堆積しているが、出来た玉鋼は良く締まり切断しても全く鋼片は出なく、かなり炭素量も高く歩留りは20%と今迄の倍の目方である。操業中の炎の色は黄色く火力は落ちない。炎は松炭以上に高く上がる。炉の壁もケイ素分の多い土を用いているので、炭と土が良いのではないか。明日よりこの鋼で短刀を製作してみる事とする。
 平日は2人になったので、手伝いは何事も谷口君がしなければならないがその分仕事も学べる。もしこの鋼で良い短刀が出来るなら1年間使う位の鋼材料となる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2428-f8fc3fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者