刀鍛冶の日々

磁鉄鉱

 鍛冶場を片付け土曜日の餅鉄製鉄に谷口君と2人で炉の解体、塗り直し。最近手に入れたケイ素分の多い土を炉の側面に塗り、玉鋼の成長を助ける様にする。午後は餅鉄を金床の上で手鎚で砕く。今回の餅鉄は磁鉄鉱よりも赤鉄鉱が多く砕きやすいが磁力の無い物が多い。磁鉄鉱に比べて赤鉄鉱は柔かいので長い期間に川の中で流されすり減って小さいし不純物も多く含まれる。それに比べて磁鉄鉱は硬く割れにくく砕いても火花が飛び散り断面は98.5%のFe含有率であり、製品になると99.9%の鋼である。僅かながらA介在物が残っているがB,C介在物は無いので斬味も良い。材料が予定より少ないので明日は大きな磁鉄鉱をスプリングハンマーで砕く事にする。
 本日文化庁より平成26年の刀工資格講習受付の文書が届く。谷口君は申し込むが大高君は2月末迄様子を見る事を告げる。もう3日も寝込んでいるが心身の疲れと思う。受験締切は3月5日だが実地試験は5月末なので今造っている脇差の火造りが出来れば、規定の時間内に仕上げて合格に繋がるが、急に技術が上達するものでもなく日々の努力、工夫の積み重ねが結果として出るのである。残された日を悔いなく過ごして欲しいと思う。いずれにせよ岡山県で9年間を過ごした事が将来に役立つ事を願うばかりである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2415-24cbb90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者