刀鍛冶の日々

赤目砂鉄

 午前中は刀の皮鉄と心鉄を合わす造り込み。皮鉄の炭素量が高いので火花試験をして炭素量の少し低い心鉄にする。皮鉄と心鉄を鍛接した時に炭素移動が起こり皮鉄の炭素量が減る事も科学的に証明されている。日刀保玉鋼を使用する現代刀工にも心鉄を入れない手抜きが多く行われているが、美術刀は見るだけの刀だが本当の日本刀は武器である。斬られた時に折れる危険性が高い。日本刀は折れない事が一番大事である。
 午後は先日頂いた赤目砂鉄の選鉱。30%が赤土であるので砂鉄も赤い砂鉄である。赤目砂鉄を吹くと銑になりやすいので真黒な真砂砂鉄を加えて鋼に成る配合にする。おそらくこの赤目砂鉄は兵庫県の千種川産であると思う。
 砂鉄は元々炭素量の多い銑になる砂鉄と鋼になる砂鉄の2種類に別れるものである。砂鉄だけを多く持っている刀工もいるがたたら製鉄が出来ないのでは宝の持ち腐れである。
 御客に砂鉄を見せて自家製鉄を唄い実は日刀保玉鋼で刀を造っているのではなかろうかと思う。そんな刀工が多いのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2397-245bcc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者