刀鍛冶の日々

短刀鍛錬

 朝から短刀を鍛える。分析ではチタン、マンガンが通常より多くケイ素が少ない。5回の折り返し鍛錬では海藻の様に鋼の表面に酸化鉄が浮かび出るので、強い沸かしで酸化鉄を燃やしてゆくので目方は相当減る。午後は鉄の含有量の多い鋼を鍛え6回目で2個を合わして10回鍛える。鍛肌は大きな板目肌が連なり、小さな板目肌が浮き出る面白い東北地方の地金である。後日の焼入れとする。
 東北の餅鉄で鍛えた鋼の分析表を見るが砂鉄と磁鉄鉱では内容に大きな差が出ている。これも後日古刀の切断分析表と比較したい。
 親方をしていると種々用事も多いのでゆっくりと勉強が出来ない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/2396-f21797c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者