刀鍛冶の日々

火造り終わる

 試作の玉鋼でやっと包丁3本の鍛えと火造りが終り、ベルトサンダーで荒研ぎ。火花試験をすると少し炭素量が落ちている。鋼の性質か鍛錬方法かは不明。
 細かく見ると、鋼の中に鍛え肌に沿ってスラグを噛んでいる。製鉄の時に残ったものと思われる。焼入れて、研いで見なければ、刀に成るか否かは不明。
 小型自家製鉄鋼の欠点はスラグが残りやすいので、最初に強い温度でスラグを飛ばさなければならないが、脱炭も早くなる事である。使い慣れた砂鉄にも、手持ちの限度が有り、年々入手が難しくなる。
 頂いた砂鉄が皮鉄に無理でも心鉄ならば、脱炭覚悟で鍛錬回数を多くすれば心鉄になり、粘りも出るので絶対に折れない。
 日本産砂鉄と同じ物が海外から入手出来れば良いが、海外産は劣る。
 少し無理が続くので右肩痛む。
スポンサーサイト

試作鍛錬

 早朝より刀発送用の箱作り。終えて、鍛冶場で7月に造って置いた玉鋼で注文刀の試作鍛錬。
 10時になると温度計が50度を超えて、息も弾むので途中止め。
 朝涼しくともやはり夏で下着迄汗まみれ。熱中症を恐れて炭切。
 午後は来客有り。

短刀注文

 日中は暑いが朝は涼しく、9時位迄は何とか鍛錬も出来そうである。
 今日は刀の荒打ち途中で来客。数年前に包丁を買って頂いた方で、短刀の注文を頂く。
 夏は暑いので来客も無く、注文も無いのが例年であるが、今年8月は刀と短刀の注文二口。
 感謝の一言に尽きる。

素延べと見学会

 昨夜の雨で今朝は涼しく、久し振りにスプリングハンマーで荒素延べを進め、午後の見学会用に梃の修理もする。
 毎日が今日位の外気温になれば、鍛冶仕事も再開出来るのだが。
 8月最後の見学会は各地より10名が訪れ賑やか。何時もと同じ説明と折り返し鍛錬の実演。向槌は山本君とベルトハンマーの両用。
 平日より室温は5度低く体も楽。もう少し涼しく成れば向槌の体験も出来る。早く秋になって欲しい。

美術館へ

 8月27日で「浮世絵 そろい踏み」展が終わるので、岡山県立美術館へ見学に出掛ける。
 会場は中高年ばかり。やはり若い人は日本の伝統美術は、中年を過ぎなければ興味が湧かないのだろうか?
 東海道五十三次は以前車で2回程走っているので、地名が懐かしく当時を思い出す。
 広重、北斎、歌麿、写楽等々写真は見ても実物は初めてであり、人生でこれだけの版画を見る事は二度とないと思う。
 良き日であった。

まとめ始める

 鳥取県に出掛けた帰り道、少し無理をしたので体中が今日も痛む。外は暑いので昼寝をして休むが、夢の中に迄刀が出て来る。午後は製鉄に関する本を読み、如何に一般の方に判り易く話をすれば良いかをまとめ始める。
 仕事をしたい気持ちは十分に有るが、年なので真夏に無理をして倒れては、秋からの作刀に差し支えるので無理はしない。
 新弟子育成の為にも健康に気を付けたい。それにしても刀造りをしない1日は何と長い事か。

砂鉄

今日は休み製鉄に関する本を読む。私は工学部出身ではないので、沢山の本を読んでも理解出来る部分も、余り専門過ぎて判らない部分もあるが、一応目を通す。砂鉄にも種類が有り、砂鉄の分析内容により出来る鋼も違うし、研究者の出来た鉄の写真を見ても、これでは釘に成っても刀には出来ないと思う。
 1年間に少なくとも30回はたたら製鉄を行い、刀に成る砂鉄と、成らない砂鉄は経験で判る。刀の科学的研究は百年余りであるが、刀造りは長い経験の連続であり、科学の目だけでは分析に終わり、刀造りは出来ない。しかし刀の造る工程の科学的な事は、沢山の本が出来ているので参考にしなければならない。
 刀造りの方法は口伝が多く、書物になるのは江戸時代なので、古刀に関する製鉄方法は不明で、研究心の有る刀工は製鉄から始めるも試行錯誤の繰り返しが現状である。
 科学の力を持ってしても、古刀の地鉄は出来ないと思う。それでも書物から科学的知識を学び、自家製たたらで鉄を造り続ければ、光は見えて来ると思うから砂鉄を集めるのである。

慰霊

 県境を越えて鳥取県中央部へ。三朝町、羽合町は二烈士の出身地で、毎年慰霊祭が行われていたが、戦後72年も経ると関係者や祭典への列席者も鬼籍に入られ、高齢化されて今年より中止となる。
 私も70歳になるが、今だ現役の刀工として働いているので体は丈夫である。毎年行われる祭典会場へ一人で訪れ、影山塾長の力強い筆で書かれた烈士の石碑に拝礼。
 祭典へ出席を始めてからもう35年程になるが、当時の先輩方の懐かしい顔が目に浮かぶ。元気な内は一人でも慰霊を続けたい。

家屋内見学へ

 市役所から来所。岩手県より炭が入荷するが、とても暑くて鍛冶仕事は出来ない。
 遅めの昼食を済まして、弟子の鍛冶場見学に。今日は敷地に入る。家屋は古いが建て増した部分はしっかりしていて、内部は展示場に十分使用出来る広さである。
 これからの時代は自らの作品を展示して販売したり、注文を受けたりのスペースが必要であり、鍛冶場も公開して日本刀の製作工程を見学出来る様にしたり、包丁の体験会に使える広さも欲しい。伝習所と違って駐車場も広く、車の5~6台を停める広さも有るので申し分が無い。
 岡山駅へ40分、岡山空港へ30分位と立地条件も良い。頑張って次の世代迄、作刀の技術とたたら製鉄の技術を伝えて欲しい。

御祭

 炎天下汗は滴る。芦田林弘烈士72年祭を挙行。
 時代が大きく変わりながらも、大東塾14烈士祭が絶える事無く続き、日本人の魂が今だ残っている事に、毎年の御祭を通じ感動を新たにする。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者