刀鍛冶の日々

М君鍛錬開始

 入門1ヶ月のМ君が谷口君の降し金に続き4回の降し金製鉄。玉鋼を纏める時に落ちた小粒の鋼を、降し金法によりて1個の大きな鋼を造り、初めて梃子付けをして鍛錬を開始。
 私は早朝に大学の先生から頂いた鋼に私のフェマタイト鋼を合わせて、2本の包丁の鍛錬を終り時間が有ったので夕方迄見学。時折アドバイスをしながら何とか大きな玉鋼を2回折り返す。
 入門1ヶ月は殆ど鍛錬の見学と焼入れの終った包丁研ぎの実習であったが、残り2ヶ月で包丁造りを覚えてもらうのに鍛錬に入る。М君の”やる気十分”で今日より鍛錬に入る。
スポンサーサイト

松炭入荷

 今2週間に1度松炭25俵が配達される。岡山空港から西にかけて広がる吉備高原一帯が松林である。しかしそこで松炭を焼く炭焼さんがいないので、1年余り前から無理を言って松炭を焼いてもらっている。
 全國的に松炭は不足し刀工も困り果てている。松炭が無ければ刀が造れない。そんな中で月50俵の松炭入荷は有り難いが、弟子が多いので松炭の入荷先が何時迄生産できるか心配である。
 休日であるが松炭入荷を待ちながら製鉄を行い、М君の自力での包丁仕上げを見守る。

女性見学多し

 午前中県外2県より3名の女性見学者、たたら製鉄解体迄を見学。
 午後は香港より予約女性の見学も有り、今日は若い女性ばかりの見学。それに飛び入り見学者10名に古式折り返し鍛錬を体験して頂き賑やかな一日。終了後に弟子8名が自分の仕事に精出す。
 どうも伝習所の弟子には出会いの機会が無い様である。最近は日本の歴史と伝統に興味ある若い女性が見学に来る。理解ある女性でないと刀鍛冶は続かない。刀鍛冶は連れ合いとの2人3脚である。

М君包丁造り

 昨日包丁の地金を造り今日の用意をして置いたので、私がたたら製鉄をしている横で谷口君の指導で鍛錬を済まし、手鎚で包丁の形に叩くが表面が鎚跡だらけで前回より悪く、午後は谷口君が1時間程をかけて手直しをする。一般の包丁屋さんは包丁のの形に打ち抜くので同じ型の包丁になるが、手打ちでは材料により長さも幅も全て違うので慣れないと難しいものである。
 市販の包丁は近代製鉄の材料なので単価が安く多少荒くても機械で削れば良いが、日本刀包丁は砂鉄から造り折り返し鍛錬をした物なので、包丁一本分の材料代が2万円と非常に高く、材料を削って捨てるわけには行かない。なるべく材料を減らさない火造りが大事となる。最終的な形の手直しは私がして終わる。

快調

 日中は雨で涼しく鍛錬は快調に進み皮鉄も終り、前回残して置いた心鉄と合わせて造り込み、荒素延べ迄進む。
 予定より早く済んだので会津のМ君に磁性の有る砂鉄の鋼と、無い砂鉄の鋼を積み沸かして一枚の鋼に纏める方法を教える。片方の鋼は粘りが有り、片方は硬さが有り包丁の材料には非常に適している。折角会津から日本刀包丁の造り方を学びに来たので、最新の製造方法を学び会津の地でも日本刀包丁造りで頑張ってもらいたい。
 谷口君の製鉄も銑鉄に近い鋼が良く出来た。今迄以上に斬味の良い包丁になる事と思う。

鍛錬は続く

 今日も暑さを避けて早くから鍛錬。昨夜の多めのアルコールが効いたのか、整体の先生のリハビリ効果なのかは不明であるも痛みも無く快調に進む。室温50度に達したので鍛錬は10時過ぎに止めて包丁の焼入れ。
 平井さん初のたたら製鉄も5キロの記念すべき玉鋼が出来る。明日は谷口君のたたら製鉄の予定。会津のМ君は私の焼き入れた包丁を研ぐ練習へ。
 明日雨が降れば涼しいので皮鉄も終り、調子が良ければ皮鉄と心鉄を合わして造り込み迄進めるのではないか。狭い鍛冶場は直に室度が上がるので、梅雨明け迄に一振りでも多く素延べ迄進めたい。

痛む日

 夜中に目覚めてアルコールが無ければ痛みが止まない。
 九州・関東では大雨なのに備前長船は梅雨が無く毎日が暑い。暑さを避けて朝6時より作業。痛む右肩と痺れる右手をかばいながら左手による鍛錬は続く、2日間で10キロの皮鉄をやっと鍛える。後2キロ鍛えれば下鍛えが終わる。
 午後は痛みて作業が出来ないが、会津のМ君が顔を炭の粉で真黒になりながら、私の明日の鍛錬用松炭を夕方迄切ってくれる。
 少し早目に帰り焼酎を煽れば酔いも廻りて幾分痛みも和らぐ。
 平井さんがフェマタイト鋼を混合して包丁2本を造った。良く斬れる。弟子全員に1回分のたたら製鉄用炭しか無く、明日は平井さん初のたたら製鉄の予定。

鍛錬開始

 日曜日雨で濡れた鉄板造りの階段の、2階から1階迄滑り落ちて腕、背中、足を擦りむき体中が打撲で痛む中、三振り目の刀鍛錬に入る。
 谷口君はМ君の包丁鍛錬の指導に当たるので私一人の鍛錬。右手が痺れているので思う様に進まず夕方には肩が痛む。満身創痍の身であるが梅雨明け迄に何とか予定通りに進めたい。
 昨夜は痛みて眠れず、今夜はアルコール無しではとても眠れないだろう。

朗報

 公開鍛錬の日、会津М君の初の作、包丁が御買い上げされる。
 私と同じ病状を過去に経験された方の御話で、元の状態に治るとの事で大きく期待が持てる。
 非常用の松炭を使い続けていたが急に100俵余り松炭が入荷し、来週も200俵近くが窯出しの予定で全て買い上げの予定。初冬迄の松炭は確保され注文刀の予約に応えられる。

造り込み

 午前中に刀の造り込みを谷口君に見学をさして荒素延べ迄を進める。明日の涼しい時間に素延べを完了したい。
 午後は整体の先生によるリハビリを1時間受ける。痛みと痺れは有るが少しずつ回復に向かうのが判る。昨日の疲れも有るので私の鍛冶場で谷口君に練習さすも、弟子達の使用している火床とハンマーが違うので手間取る。
 明日の見学予約に使用する鋼を谷口君が降ろし金で造るが、この工程は谷口君が1番上手なので安心して任す事が出来る。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者