刀鍛冶の日々

早くも今日で平成24年も半分が過ぎる。弟子の不合格、白内障での二度目の手術。一年九ヶ月前の手術では目の痛みが無くなる迄は一年余りを要し、赤外線、紫外線を防ぐメガネを使用したので鋼の沸く温度が見えなくて困った。

今回の左目の手術では右目のように角膜に傷がないので、視力は上がるが火を見ると目が痛む。仕事は出来なくても火造りをした物は見えるので、欠点を指摘してやり直さす。しかし見学者を前にしての古式鍛錬では私の鋼を鍛えるので、失敗は出来無いので、サングラスをして離れて見るが、一日が終わると目が痛む。

糖尿病の為どうしても治りが遅く、痛みが止まらない。多分網膜も少し傷んでいると思う。長年使った目を少しは休ませという事だろう。少し小休止をすれば楽になると思うので、当分は見学中心にする。術後19日、夕方秋山君の一尺の刺身包丁の焼入れを見て帰る。
スポンサーサイト

感激

今夜は目が痛む。しかし気分は爽快。広島県からママチャリで130キロ余りの道のりを、一泊二日で伝習所の体験会に参加して頂く。その事のみで頭が下がる。


私は術後で仕事が出来無いので、平田君が横座に入り他の弟子は交代で御客さんと一緒に向槌を打つ。御客さんも弟子達と同年齢で体力も有り上手に向槌を打ち、始めてとは思えない程である。

菊池君と交代で包丁の火造りをし、夕方には焼入れをして荒研ぎ迄進み明日は鳴海君の研ぎとなる。帰りはビデオ撮影をしていた友人の車に自転車を積み帰宅へ。弟子も御客さんも頑張った。

当分鍛冶仕事は出来無いが、弟子が頑張っている事がうれしい感激の一日であった。二年続けて弟子達は刀工試験に落ち、心苦しいがそれでも来年目指し頑張る弟子を見ていると、親方で良かったと思う。

10年も仕様したパソコンが寿命になりもう一週間になる。

解体終わる

連日の片付けと弟子の応援で赤坂鍛錬所も無事解体を終える。来週には最後に残ったスプリングハンマーを長船に移せば、後はハンマーの土台と火床の取り崩しに一週程弟子の応援で終わるのではないかと思う。

目の手術をしてから少し早いが、力仕事ではなかったので建築材の焼却を続けたのが悪かったのか、目の痛みが取れない。ゆっくりと半日位は家で過ごそうかと思ったが、身辺整理を思えばそうもゆかなかった。

しかし若い弟子達が力仕事をしてくれたので、指示だけで良かった。一人ですれば1ヶ月以上日数を要する。弟子達には大変感謝している。あと少し頑張って欲しい。


目の手術前には文化包丁を15本程造ってあるので、注文には対応出来るので目が治る迄は口頭指導を続け、中止になっていた卒業試験も続け、刀工試験に合格している2人も刀造りの指導を続けたい。

当分鍛冶屋の仕事は出来無いが、目が見える様になったので、弟子の仕事が良く見える。

進まず

昨日は早朝より3時間、今朝も3時間の焼却処分。全んど力仕事はしていないが非常に疲れる。病院に行った後長時間車の運転の為目が痛む。

思ったより移転準備は進まないが70%程は焼却は終わる。明日は弟子の応援で1階の部屋の解体予定。

思う事

今日は予約もなく午後に見学者2名のみであったので、受験生の火造りをサングラスをして見学する。3年程前から試験のハードルは高くなり全員が火造り部門で点数不足で、不合格となっている。

試験官からは以前では総合で仕事を見たが、今は部門別で見るのでもう一年頑張って火造りを練習すれば合格すると言われているので、受験生は全員頑張っている。

既に合格している平田君が今日も指導しているが、やはり秋山君や平田君に比べると火造り技術は一歩も二歩も落ちると思う。

サングラスをしていても長時間火を見たので目が痛むが、目が見え出したので細かな部分を口頭で指導出来る。合格、不合格者は僅差であったと思うので、受験生も一年頑張って合格しなければ刀鍛冶の最初の一歩となれない、さらなる努力を願っている。

注文

今日は見学の方々も多く午前、午後共に古式鍛錬を交代にする。仕事の無い弟子も久しぶりに包丁の注文を頂く。弟子は刀造りの終わった夜にアルバイトに出て、食費代を稼ぐ毎日。

アルバイトもなく今月は数日しかない。そんな中で包丁代の収入は大きい、本当に助かる。

準備

午前中は平田君の応援でタンス等の打ち壊しをしながら、廃材の焼却をする。午後は長船で菊池君の降し金で15名になった見学者の方々に見て頂く、古式鍛錬用の鋼造り等で久し振りに鍛冶屋の仕事を見学。

明日も8名で製作工程の説明や古式鍛錬の実演をして、受験生の練習。体調は徐々に戻るが、手術後の目は少し痛む。

今日も

朝より雨、早出して一人で廃材を焼き片付け。夕方迄に消炭が4俵程出来る。解体は思ったよりもはかどらないので、昼休みもなし。

台風5合の熱帯低気圧で雨が降り続くので涼し。梅雨時なので火の用心が助かるが、焼却はまだ4、5日を要する見込み。目が十分に治っていないので、力仕事が出来なく明日は平田君に応援を求む予定。

解体

弟子3人により仕上げ場を解体してもらう。廃材で消炭を造る仕事は7~8日を要す、他の弟子は土曜日の公開鍛錬に3組13人の見学予約があるので、炭切や火床の修理等を行う。

仕事場の解体と伝習所の弟子の仕事を見なければならないので疲れる。

消炭造り

車の運転も出来る様になったので、手術前に切断して置いた研場の松垂木を燃やす。台風5号の雨が降り安心して燃やし、丁度炭になった頃に取り出して缶に密封して消炭にする事5回、一日で松炭2俵程を造る。これで弟子が脇差一振り分の火造り用になる。

あと一ヶ月程は力仕事が出来無いので、無理のない軽作業をして体力の落ちない様にしなければと思う。手術で左目が良く見えるので、今迄見えていた右目が見えていなかったと気づく。目は本当に大事である。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者