刀鍛冶の日々

7月も終わる

山本君が午前中鍛える。昨夜一泊したT氏と相州よりのM氏が見学。受験生が火造り練習、明日より二年ぶりに東京に帰る平田君が包丁を鍛える。最後は大高君と菊池君が降し金をして7月も終わる。

今年の岡山県南部は梅雨の雨も少なく、暑い一日であったので作刀も進まず、見学者も少なく、売り上げも減少である。
スポンサーサイト

宗近君皮鉄鍛

昨日と今日も宗近君が刀の皮鉄を鍛える。幸いにも午前中は雲空で、朝方迄の雨で涼しく順調に進むが、皮鉄をU字型に曲げ、心鉄を組合す用意をしていると。内側に空気をかんだふれくが出る。タガネで切り取るが、十分でなく次回に廻す事とする。

弟子達は火造り、反り付けへと進むが、暑くてはかどらぬ、全員疲れてたので明日は臨時休業とする。

講演の準備もしなければならないので、明日はクーラーの効いた室内でゆっくりとしたい。

修理

朝の涼しい間に鍛錬を始めるも、機械ハンマーの部分が折れ、長船より菊池君の応援を得て溶接をして、とりあえず急場をしのぐ、後日修理とする。

もう40年程使うので修理の繰り返しである。ジープも30万キロを走るので、車検時に40~50万円の費用が入り、12ヶ月点検でも10万円程かかり、今回は17万円も入る。

人間も同じで糖尿病で10年を越し、白内障で手術の予定、なんでも古くなると修理の繰り返し、元気なうちに早く弟子を卒業させねばと思う。

雑用

朝一番に剣に銘切後ジープを12ヶ月点検へ、1年も経つと修理代17万円とは痛し、帰りて天日干の砂鉄をより分け取材、カレンダー、包丁の仲と電話も忙しい。

夕方よりやっと講演予定の資料を読み直しや、まとめ等々年内の取材、見学、出張販売の計画と、年を経る毎に多忙となる。

今日も暑し

昨日と同じくこの暑さで見学者なし、連日の暑さでも受験者は休む事なく全員火造りが終わり、来週は反り付け、せん、ヤスリかけへと進む予定、早いものは二口目の火造りに入る。

この暑さでは弟子を休ませてやりたいと思うが、他の刀工と違って伝習所は現在10名の人数がいるので、一人当たりの割り当て時間が少ないので、止むを得ないが、何も不平をもらさずひたすら刀工になる事を夢見て、修行に励む弟子を見ると心強くなる。


「わきいずる 汗をぬぐいて 剣打つ 若き弟子らの 姿たのもし」

猛暑

連日暑さが続くが、1時間交代で大高、菊池、金沢、石原君の4名が脇差の火造り練習をする。全員が非常に上手になる。

来年はおそらく4名全員が全国の受験者の中で上位合格であると思う。今年合格の平田君が指導に情熱をもやす。

暑くて熱中症に気を付けながら、見学者のいない鍛冶場に手槌の音が響く、阿部君は夏カゼでアルバイトも鍛冶仕事も休み。

参拝

朝4時30分発、山陰地方は梅雨末期の大雨で、砂鉄が多く流れ出していないだろうかと期待して、朝の涼しい時間に河口に向うが、やっと刀二振り分の砂鉄しか入手出来なく、汗にまみれた体を川の水で洗い、着替えて島根県の金屋子神社へ着くと走行200kmとなる。日差しが痛い、先月の参拝と同じである。

今月も何事もなく無事に過せて、参拝出来た事に感謝の念をささげる。

白内障で視力が落ちて物が見えづらく、糖尿病で体もだるいが八月迄の予定をすまして、九月の手術迄頑張る決意をして帰宅すると、疲れが出る。

突然の便り

休日明け見知らぬ方より御便りを頂き、先日刀剣博物館売店で私の包丁を御買い上げ頂き、刃味にお褒めを頂く手紙に胸をなぜ下ろす。全国の包丁を集めて居る方に気に入ってもらって良かった。

先日も広島県より2、3年ぶりに包丁の研直しに御夫婦で来所され、追加の包丁を求められる。刀鍛冶なのに包丁を作っている事に批判もあるが、御客様に喜んで頂いた時、包丁を造っていて本当に良かったと思う。暑いので午前中のみ受験生の脇差火造り、午後は自由勉強にする。

体調

二週間前の血糖値が310。体が疲れるわけである。今日からもっときつい薬に変わる。思いきってアルコールを一時中止とする。左足も病院で魚の目を切り、一週間後は完全に取り除くので一安心。今しばらくは弟子の指導で作刀は休みにする。

休日

暑かった3連休も終わり、今日から自分の仕事が出来ると思っていたが、左足の魚の目が又痛み出したので、早朝の鍛錬は休みにして、一日ソファーの上で寝る。

外は暑く家で体を休めるのも明日への準備と自分に言い聞かせる。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者