刀鍛冶の日々

太刀造り始まる

弟子全員集合、朝より昼迄太刀の鍛錬をして見学をさし、弟子と親方の仕事の違いを確認さす。
日刀保玉鋼と自家製玉鋼の混合で鍛えるも、両方の鋼の性質が違うものを一緒にする難しさ、普通の倍の時間を要する。

ゆっくりと一ヶ月をかけて仕上げる予定、午後は弟子が交代で練習をかねて両方の鋼を鍛えるが、硬くて粘りのない鉄であるので、ふくれ(空気入り)も出るし、折り返しでは折れるし苦労の連続であったが、夕方になってやっと鋼にも粘りが出る。

多量の炭と鋼を使っても刀の様な研ぎはしないので、地金の変化は不明であり、斬味だけの包丁で終わるのは少かわいそうであるが、刀に至る前段階であるので、包丁にして材料代だけでも戻れば、御客さんに勉強させてもらっていると思えば納得できる。
スポンサーサイト

弟子の仕事

昨日は赤坂鍛錬所で一人素伸べをして、全員長船鍛錬所にて仕事を与えていた。
少し気になるので、朝6時に長船へ来て鍛冶場へ入り、脇差の皮鉄を見ると完全につぶしの状態で使用出来ない。

親方が居ない時程、丁寧な仕事をしなければならないのに、6人の弟子は一体何をしていたのだろうか、今日の午前中、鋼の降し金をさせたが歩留まりが非常に悪い、鉄がもえたのだろう、又昼からは折り返し鍛錬を八回させるも、全て使い物にならなくて切断する。

今年の夏は暑くて刀が出来なかったので、薄利の包丁を造ってやっと作った御金で炭を買ったが、その汗の結晶がいいかげんな弟子によって、いい加減な仕事で無くなってゆく、明日は私がていねいな仕事を見せ、刀に命をかけている姿を見せなければならないと思う。

素伸べ

昨日造り込んだ刀の素伸べをスプリングハンマー、そして手打ちで仕上げて行く。

これから連日刀造りの日が続く、体力も少し落ち着いて一振り作るのに二週間も手が入りだしたが、赤坂以外にも長船でも刀造りを始めるので、弟子には良い勉強に成る事と思う。

30代~50代半ばは夏でも刀を鍛えていたが、夏は包丁しか体力がもたない、生老、病死、これ人生の理である。

鍛、造込み

大高君が手伝ってくれて、皮鉄の上鍛、心鉄鍛を済まし、夕方になって皮鉄、心鉄を合わせて造り込む、大高君には勉強になった事と思う。

今迄刀造りで家出をして居たが、包丁の斬味を試すのに家に帰る。夕食にはステーキを焼き、鉄板の上で切るも包丁の傷みなし、当方も手作りの包丁であるので1本1本の出来が違うので1ヶ月間この包丁を使って結果を見たい。
気候も良くなり刀造りにはもって来いの天気である。死ぬ迄打ち続けたい。

真実?

先月は二軒の包丁の修理有り、一軒は冷凍の肉を切って刃がこぼれたので、修理をして冷凍物は冷凍用の包丁を使用する事を教えて包丁の修理を済ます。

一軒は文化包丁で鯛を料理して、刃をこぼしたので鯛の骨は硬いので、出羽包丁でしてくださいと教えて修理。

二軒共に包丁の刃をこぼした理由を言ってこられたので納得できた。
今回の包丁の軒はステーキを切ったら、刃がつぶれたので多方面に修理に出すが、鍛えていない刃がない等と言われ、その包丁を刃先を4ミリも狭くし、刃肉は全くなくなりそれを使用して刃がつぶれた。インチキ商品で有るとのクレームである。

本当は何を斬ったのか、私は玉鋼を一本々鍛えて焼入れをして刃文を確かめて、研ぎ斬味も確認して販売をしているので、どうしても不信が残る。

返品の包丁を調べると、焼入れて一番硬度の高い刃が、地より硬度が低くなっている。この理由は一体何なのか、刃の硬度が落ちているのを承知で研ぎ直し、さつまいも、果物、そして大きなサバを斬って見るが、硬度がおそらく研ぎの為に下がったにもかかわらず、良く斬れて刃の傷みもなく料理出来る。


当分この包丁を使って見ようと思う、何らかの理由があれば身幅を4ミリも狭くしなければ、もう一度焼直しをすれば元に戻るものである。
私の包丁は100%玉鋼なので、研ぎながら使えばなくなる迄も使えるものである。何故一番最初に造った本人に返品、修理を依頼しなかったのかと思うし、真実は一体どうで有ったのか?

柔らかいステーキを斬って刃がつぶれるはずがない、世の中広い、色々な人間が居るものである。

苦情

朝5時過ぎ大きな雨音で目覚める。予定変更で4日続きのたたら製鉄に切り返す、もう限界を超える。

朝鳴海君より包丁の苦情のメールを受け取る。ステーキを切っただけで鍛えた玉鋼の包丁の刃がまくれたので、三軒もの包丁屋さんに研ぎ出したので身幅も4~5mmも減っていた。包丁屋さんも刃が有りません鍛えて居ません。と言われ苦情のメールと返品が来る。

私は鍛えもしない焼入れもしない包丁は出して居ないので、鍛えた証拠の大板目肌を出し写真を撮り送る。
三軒もの包丁屋さんに研ぎへされ身幅も4mmも狭くなっていたが、今だ焼刃は1cmも有る。

一般の包丁屋さんは生鉄に刃先に鋼を3mm程度挟んだ包丁であるので、鍛えなどわかるはずがない、私は元刀の研師をしていて、刀鍛冶に転職したので研ぎはわかる。

そんなインチキ商品は出して居ない、最初に連絡を頂ければ現物を見て対処も出来たのにと思う。
代わりの包丁を出そうかと思ったが、この性格の人ではダメだと思ったので返金をする。いやな一日であった。



「一人飲む 酒は悲しく この胸に 過ぎし想い出 呼び起こし来て」

「この狭き 鍛冶場のすみに 横たわり 秋の人生 振り返り飲む」

「つかれはて 言葉かわす 妹もなく 酔もまわりて うたた寝をする」

岐阜県○○川砂鉄鍛

今日は先日平田君の鍛えた岐阜県の砂鉄を包丁にしたものに焼入れをする。
地金の働きも良く出ている。さらに斬味は関の孫六並の大業物並によく斬れるすばらしい砂鉄である。

今迄の砂鉄の中では一番刃物に適している。斬味で名を売った関の刀鍛冶もこの砂鉄で刀を造っていたのではないかと思う。しかし残念ながら包丁にできる材料は4本分しかないのが惜しい。

たたら製鉄と包丁鍛

昨日に続き今日も早朝五時出勤、弟子が起きる迄に炉を塗って乾かし砂鉄投入。
二日続けて10kgの玉鋼、計20kgの材料が出来る。これで刀2本分出来た。

昨日平田君が鍛えていた鋼を鳴海君が鍛えて包丁に火作る。二日間もたたら製鉄をするとさすがに疲れる。

昨日土佐の高知より同郷のお客さんが「土佐焼酎いごっそう」を持参してくださる。
私のブログをいつも見ていて、この人は「いごっそう」だなと思いこの古酒を頂く、赤坂の鍛冶場で又一人活しが始まったので夜少しずつ頂く事にする。ありがとう御座居ました。

今日は平日に戻り全員で7人と少なかったが、明日は人数も増えてにぎやかになる。


「なにもかも 思いをなくし たたら吹く 我が人生の 最後の仕事」

「雨音に 目ざめておもう 人生は つらく悲しき 他国のくらし」

「思うまい 他国のくらし 味けなさ おもいはつのる 我がふる里よ」

「ふる里を いでて思うは ふる里の 過ぎ去りし日の 楽しきくらし」

「今は亡き 父母の年にて その気持ち 思いをはせば 胸痛み来る」

岐阜県○○川の鋼の鍛え 平田

親方に新しい砂鉄の試験鍛錬をさせてもらいました。
鋼はとても硬く、初めての鋼なので慣れず、僕では手に負えないので明日親方の鍛錬を見学して、新しい鋼の鍛錬を覚えたいと思います。

下鍛え終わる

昼迄に刀の下鍛えが終わるが、日刀保の玉鋼が硬く銑気があるので、まとめるのに倍も時間がかかる。もう使いたくない位疲れた。

先週に続き今日も75俵炭が入る。今週にあと一回炭が入る予定、やっとかせいだ包丁代が消えてしまった。

二年先迄6人の弟子が、刀工試験を受けるので炭代もばかにならないが、これが私の愛国運動である。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者