刀鍛冶の日々

全員総まとめ

各工程を一人ずつが責任をもって文化包丁を造ってゆく、個人々の技術の差は確かにあるが、全員なんとか職人らしい仕事が出来る様になった。技術不足の者は各自努力すること、早く涼しくなり「たたら製鉄」をしてケラを造り早く短刀に入りたい、注文の刀も早く取りかかり、年内には仕上げたい。


「みととせを 昨日の如く ふり返り わが責任を はたせたか問う」
スポンサーサイト

弟子の銘切練習

弟子も包丁が一人で造る事が出来る様になり、9月に入って少し涼しくなると短刀の製作に入る予定。
御土産用の包丁に自分の銘を切って責任の所在と将来自分の刀に銘を入れる為の練習に入る。今迄少し練習をしてきたので、4人とも今日で合格とする。

「秋近し コスモス咲きて 道野辺に 吹く風涼し 吉備の里にも」

金屋子神社参拝

今日は小雨の中を岡山出発、8月も何事もなく無事に過ごせたことに感謝する。この金屋子神社の境内こそ一番心落ち着く場所である。ゆっくりと一ヶ月間のこと、又一ヶ月先のことを思い、大神様に祈りを奉ぐ。


「久々の 雨降り続く 出雲路の 神の宮居に 頭をたれる」

面接日

某県より高三の生徒が入門希望の為、父親と共に来る。
刀鍛冶の弟子は給料がないので、夜アルバイトで生活費を稼ぐか、親から仕送りが入ります。弟子の生活を五年間して、始めて刀工試験を受けて合格しなければ独立が出来ない事等話し、午後は折り返し鍛錬、降し金を見学して九月の連休に泊り込み実習をして、自分に適するかどうか判断して頂く事にした。
今月は五人もの入門希望者が来訪、当方も資金の都合があり二名程度しか入門出来ない事と思う。もう少し余裕が有ればと思うが。

昨日秋山君が火造りをした包丁に鳴海君が土置き、焼入れをする。明日からは三連休、お客さんに頂いた注文の包丁造りをする予定、今日も総員九名でにぎやかに仕事をする。夜7時やっと今日の仕事を終わる。

大感謝の日

朝から照りつける日差しは強し、連日の暑さにもかかわらず展示場にも鍛錬の鍛冶場にも、あふれんばかりの御客様が見学に訪れ、その上にたくさんの包丁をお買い上げいただき、又御注文を受けました。

政府からも県からも文化伝統に関する補助は何もなく、私の包丁の売り上げで六名の弟子の鉄代と炭代を稼いでいます。
売り上げの少ないときは、今月の弟子の練習用の御金をどうしようかと考える事も度々であり、特に夏は暑くて来客も少なく、苦しい時に御買上げ頂き一番うれしい一時であります。今夜は何も考えずにぐっすりとねむれます。本当にありがとう御座居ました。
来週は一生懸命頑張って良い包丁を造り、御送り致します。


「月末の 支払い近く 悩む日に 包丁売れて 我はよろこぶ」

TV撮影

朝よりたたら製鉄を撮影、2:00終わる。
そして鍛錬、素伸べ、火造り、焼入れ迄を5時迄かけて済ます。今日も暑く火床の横の温度計は50度迄上がっていた。

暑い中香川県より瀬戸内海放送の皆様ありがとう御座居ました。9月11日(火)5:30よりの放送の中で6分位放送されます。香川、岡山、広島、山口、愛媛県で放送されます。


「暑き日や もえてやまなん たたら火の 流れ落ちなむ 汗と火の玉」

銘切

昨日中心の仕立をする。
輪島市で蒔絵をしている娘が夏休みで帰省したので、早めに仕事を済まし、久し振りにつもる話をした。
今日は秋山君に短刀を持たして二口銘切りをして研師さんにもって行く、最近は眼鏡をかけてもやはり目がぼやけて銘が切りにくい。

一人仕事

天気予報に反して朝より暑し、研場にて包丁を研ぎながらのんびりとする。この暑さで刀を造れば鉄が伸びず、人間がのびてしまう。9月くらいになってから刀を造ろう。
60才にもなるともう若く無し、初老になると体力に合わせて仕事をしなければ、気分が先に行っても体が付いて来なくなってしまった。

10年前は真夏でも刀を鍛えていたのに。研師さんが下地が出来たとの連絡有、取りに行く。


「老いて行く 我身の先を 想いつつ 目指す刀の 出来ぬくやしさ」

見学者多し

県内外からの見学に来る御客さんが今日は夕方まで続く、暑い中汗をかき々見学し、質問等有り。
槌打つ弟子も大汗をかきながら鉄の火花を散らして、打ち続ける。どの御客さんも実演に満足していただける。やはりDVDで見るのとは一味違うようである。暑い中当伝習所に御出下さった皆様、ありがとう御座いました。

来週はTVの録画撮りもあり、八月末くらいには放映されるのではないかと思います。平田君の出刃包丁も初の作ですが、やっと出来上がりました。
夕方より曇り空となって来、久し振りの雨が大地を濡らし少しは暑さもやわらぐのでは?

今七時過ぎやっと仕事も終わり月、火は連休よく休んで来週も頑張ってほしい。
私は月、火も休み無く仕事です。平日は弟子の指導に終われ、弟子の休日こそ自分の仕事がゆっくりと出来る日です。

仕事出来ず

朝より猛暑、秋山君がてこ棒修理をするのみ、暑くて々仕事出来ず、訪れる客もなく通りには人影はなし。
クーラーを入れて全員休む、鍛冶屋になってこんなに暑い日々を経験した事はなし。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者