刀鍛冶の日々

平成18年度終わる

本年は4人の入門者で1名が欠けたが、残った3名は職人らしくなって来た。本日で今年最後であるが朝6:30より砂鉄選考、たたら炉塗りをする、親方が朝早く仕事をしているのに弟子は7:30今だ寝ている「いつ迄寝ているのだ!」と今年最後のカミナリを落とす。
夕方迄各自の包丁を素伸べして元旦に音を立てない仕事の準備をする。

今年一年私のつたないブログ、短歌を見て下さった皆様、ありがとう御座いました。
どうか来年も良い一年である事を祈って居ます。



「年去りて 春夏秋冬 振り返り 決意新たに 新年むかう」
スポンサーサイト

年末も仕事

鳴海君が鍛えて包丁2本を素伸べする、夕方は一年間の大掃除をして忘年会に移る。
思い返せば種々有った一年間であった、明日は仕事をしたい者のみが仕事をして、元旦は初詣で新年を迎える。
今年は伝習所を開設して三年過ぎた、思う事多し。

kitae.jpg





備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

弟子達の年末

大高君は1年ぶりくらいに水戸に正月休みで帰る、残った秋山、平田、鳴海君の3人で今年最後の集大成として刃渡り6寸8分、身幅2寸3分の文化包丁の大型を3人で鍛錬、平田君が火造りをして私が焼入れをし、荒砥ぎを済ます。

早い者はもう短刀に取りかかる事も出来るが遅い者もいるので来春迄もう少し鍛錬、槌の使い方としての火造り、土置きの練習を包丁造りを通じてさせる。
桜咲く頃には全員そろって短刀、夏には脇差造りへと進める事と思う。

来年秋に刀工試験を受験する、阿部、宗近君の技術向上がなく九ヶ月を残すのみとなるが絶望感の残る年末である。

日本の文化を学びに外国から来た研修生のT君


平田君火造り


平田、秋山、鳴海合作




備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

刀造始まる

たたら製鉄で造ったケラ10kgを切断、6kgを降し金にして5kgの玉鋼を造る、前回の残りと合わせて10kgで刀一振りを造る予定。
今日は風が冷たく、夕方には今年初の雪舞う、午後には短刀一振りを焼入れをして今年の焼入れを終える。

orosi2.jpg




備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

姿直し

焼入れによる曲がりを直してやっと出来上がる。
疲れたので今日は一休み、明日から又鍛刀に入る予定、東京から辻君刀の勉強に来たる。


「造り終え 一息つきて 明日もまた 打ちてし止まん 心ははやる」



sori.jpg



備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

焼入れ

昼より焼入れの準備、水温28℃、焼入れ炭1俵、焼入れ時間5分で勝負が決まる。何日もかけて造った刀が一瞬で、世に出るか、出ないか何十年経ても緊張の一時である。
金屋子神に成功を祈って拝礼、なんとか受かった、雨が降り暗いので姿直しは明日にする。
只々金屋子神に感謝するのみ。



備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

せんかけ

朝病院から帰って火造りをした刀にせん、ヤスリを使って刀の表面をきれいにする。
4分の3を仕上げたが発熱の為残りと焼入れは万全を期して、明日にする事とした。


備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

最後の公開鍛錬

昼より公開鍛錬、今年最後であったが、若手3人は非常に上手くなった。
二日間に渡り、石川県より御客さんが見学をした。午後は包丁の焼入れをして来春よりの販売用を造る。

これで弟子の炭代が出る、今年も刀造りの合間をぬってよく包丁を造った。弟子も包丁造りを覚えて帰れば刀の注文がくる迄包丁で生活が出来る。



備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

平成18年度たたら終了

砂鉄30kgで玉鋼9.2kgを得て本年のたたら製鉄を終わる。今年は砂鉄の良さと釜土の改良で非常に良い玉鋼が出来、作品も安定してきた。
来年もこの調子で行きたい、弟子もたたら製鉄を覚えたのでそれぞれの国に帰っても自家製鉄が出来、個性ある作品が出来ると思う。



「一年の 流れ早くて 過ぎ去りぬ 忙しき日々 想いめぐらす」


satetu.jpg



kerakiri.jpg




備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

火造終わる

昼迄仕上げ打ちを見学さして二尺四寸五分の刀を終わり、月曜日にせんかけをして夜焼入れの予定。
午後は全員が鍛えの練習を兼ねて包丁の鍛え、素伸べを2本造った。
年末だと言うのに晩秋のように暑く昨年とは大違いの天気である。



備前玉鋼刃物店へアクセスして日本刀包丁の作り方(製作工程)を是非御覧下さい。
備前玉鋼刃物

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者