刀鍛冶の日々

包丁鍛錬

 午前中は包丁の鍛錬を済まし、火造り迄を終る。
 天気予報では明日雨と出ているので、粘土を仕入れてたたら炉を塗り直し、たたら炭を夕方迄切って明日の操業に備える。
 最近は各方面より業者の製作依頼が有るが、手持ちの注文が12月迄有るので、引き受ける事が出来ない。
 いくら頑張っても一日一本が限度で有り、これ以上体力は続かない。
 一生懸命に造り、出来た事を電話しても、手紙を出しても返答が無いのが一番辛い。
スポンサーサイト

半日出勤

 2日間に造った玉鋼をベルトハンマーで切断して、明日よりの包丁製作に備える。
 4~5日前に東海地方よりの刀の注文に、焼入れをして、内面応力を抜いていた刀の姿直しを済まし、午後は明日よりの一週間の予定を考えながら、たたら製鉄で疲れた体を休むる。

2回操業

 朝4時、たたら炉送風開始。5時20分砂鉄投入始め、10時30分炉を解体、9キロの玉鋼が出来る。
 再び炉を塗り直し、砂鉄中の鉄分85%含有の砂鉄を混合して、30キロの砂鉄投入。午後4時、炉を解体して15キロの玉鋼を得る。
 たたら製鉄は各地の砂鉄分析内容が異なるので、歩留りが大きく違って来る。そして操業方法でも歩留りが違い、工学的知識と経験回数が物を言う。
 使った砂鉄は50種類に及び、やっと納得のいく地金が北國産砂鉄により出来て来た。この自家製鉄の技術を早く弟子に受け継いで欲しいと思っているが、残念ながら唯一人として居ないのが寂しい。

混合比

 体力的には、まだまだ折り返し鍛錬が出来ないので、朝6時20分にたたら製鉄炉に炭を入れ送風開始。
 九州、中國、北國砂鉄を同等比率でブレンドするが、出る鉱滓が硬くて炉底から流れ出ないので、ノロかき棒で4時間に亘り鉱滓を掻き出したので疲れ切る。砂鉄30キロ投入で、9キロの硬い鋼が出来る。
 各砂鉄の分析表を見て配合するが、配合の比率によって操業は大きく異なる。こんな事は工学博士でも全く未知の世界である。
 どれだけ多くの製鉄回数をこなしたかが操業を大きく左右する。今日、埼玉県の菊池君も30キロの砂鉄を投入して、やっと2キロ弱の鋼しか出来なかったと電話有り。

回復

 2日前に倒れた事を思い出せば、低血糖症に熱中症が加わった為ではなかろうかと思える。今日は体調も良くなり、午後から炭切をして明日のたたら製鉄と見学会の用意をする。
 春入門した弟子も生活環境が変わったせいか昨日から不調で、今日は我が家の2階で1日寝ている。弟子のアパート迄歩いて2分の距離であり、朝夕の食事は我が家で摂るし、妻が看護婦なので看病も出来るので助かる。
 女性の弟子は初めてであり、戸惑う事も多々有る。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者