FC2ブログ

刀鍛冶の日々

二日目

 たたら炭が沢山入荷しているので、日中温度が高くない今日、明日も操業。
 昨日は炭の火力が弱かったので、炭をさらに細かく切って操業すると、火力は上がり鉱滓温度は1300度になって流れる。
 炉を解体した時の玉鋼表面温度は1275度と頃合いで、20キロの砂鉄で8キロの玉鋼を得る。
 天気予報では明日も気温が低いので、炉に炭を入れて予熱をかける。明日もう一日頑張って、鋼の備蓄を積み増して置きたい。
スポンサーサイト



たたら製鉄

 九州よりのたたら炭を使う。
 少し火力が弱く鉱滓の温度が100度程低く心配したが、前回の様に炉底に付かず一安心。
 炭素量も適当で歩留り3割を超える。
 彼岸より始める刀の材料とする。

炭入荷

 朝九州よりたたら製鉄用炭60俵が入荷する。岩手県からは入荷不足で、代わりに九州からであるが品質は余り変わらない様である。
 脇差は造り込みから素延べ迄進み、午後は手打ちでスプリングハンマーのムラを直し、棟打ち迄進める。
 少し風邪気味なので、午後3時にたたら炉に炭2俵の余熱を入れて、早仕舞いして明日に備える。

講演会

 母校で「キャリア教育講演会」の講師を依頼されて、DVD視聴と講演会を3年続けて務める。私の刀鍛冶としての生き方が少しでも役立ってもらえれば思って要る。
 8年前15分間全國放送された番組であり、残って独立した弟子、刀工を辞めた弟子等の8年前を思い出す。
 過去を思い返すのは年を経た証拠かも知れない。

休日

 今朝は寒くー2度。
 鍛冶場を片付けて研ぎ師宅へ、昨日銘切りをした脇差を預ける。丁度三尺の長刀の仕上げをしていて、2月末には仕上がる予定。
 疲れたので今日は午後を休日とする。

 | HOME |  »

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者