刀鍛冶の日々

御祭

 炎天下汗は滴る。芦田林弘烈士72年祭を挙行。
 時代が大きく変わりながらも、大東塾14烈士祭が絶える事無く続き、日本人の魂が今だ残っている事に、毎年の御祭を通じ感動を新たにする。
スポンサーサイト

第一歩

 昨日金沢君の鍛錬所建設用土地が購入出来て、敷地の草刈りが始まる。長船の伝習所より北西へ30キロ程。県内の弟子としては3人目となる。
 鍛錬所の前は鳥取県へ通じる國道53号線が走り、交通量も多く目立つ場所である。遅くとも来春位には出来ると思う。
 どの様な店でも目立つ場所が来客が多く、看板を出せば24時間宣伝が出来る。先ずは知ってもらう事が大事である。
 今日から独立の第一歩始まる。刀工としての信念を通した者のみが生き残れる。頑張って欲しい。

注文

 来客有りて刀の注文有り。
 夏は健康の為に、今年から無理をして作刀しないので、涼しくなる迄素材の研究をしたい。
 今日見せて頂いた古刀の地鉄は良く出来ていた。製鉄方法の違いであると思うが、鍛肌は良く出るが、どうしても鉱滓を噛んだゆるみや、傷が出る確率が高い。手仕事の難しい所である。
 暑さも峠を越え、朝方は涼しさを通り越え寒い時も有る。夕方の徒歩時も涼しい風が吹き出す。後少しの辛抱である。

炭切

 土曜日の見学会は、米國人5名と県外よりの予約4名有り。
 1年で1番暑い時期に毎週予約は多し。秋から春の気候の良い時は見学者も多いが、今年の様に真夏の時期に多いのは初めてである。特にこの1~2年は外人の見学が多く暑くて気の毒である。
 朝から昼迄に見学会の炭切を終えて、午後は今日も読書で1日を過ごす。

体調良し

 週1回となった整体1時間を済まして、午後は今日も製鉄に関する本を読む。
 目の痛みも無く随分楽になったのは、鍛冶仕事で火を見なくなったせいかも知れない。
 もう少し涼しくなる迄は一休みを続けたい。毎日夕方には1時間程歩くのが良いのか糖も出なくなった。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者